テンプレートを活用すること自体はむしろアメリカのWeb制作においても主流

2015.05.05

ワードプレス(WordPress)のホームページ制作を制作会社へ委託する時に確認するポイントってなんでしょう!?

●技術力や斬新なデザイン 又はクオリティやアイデア 多彩なモーション コストパフォーマンス 使いやすさ見易さ ユーザーインターフェイス。 こういった選定は人によってかわってきますが・・一番重要な事はアクセスがあがるサイトを作ってほしいという事だと思います。

今のワードプレス(WordPress)のホームページ制作は昔と違い何でも手がけます。 いちからヒアリングを行なって顧客と一緒に進めながら制作していく会社もあれば、、、既に数百種類ものサイトが用意してあり、それらを選択できるような会社もあります。

HP制作会社はそれぞれ強みが違いますので、制作を任せる時は、アピール点も着目しておくとよいかもしれません。

デザインやクオリティーも大事ですがSEO対策も大変重要です。

“できあがったサイトをより多くのユーザにみてもらうには検索エンジン上で1p目の上位に 表示されていないといけません “。

これによってホームページからの流入を増やす事ができという訳です。

サイトへきてもらう為にはSEO対策だでなくソーシャルメディアを使う方法もあり、これだけでも十分な集客を狙えます(o゚д゚o)”Facebook line  Twitterなどは代表的なSNSで、利用者は100万人以上いますので 情報を発信し拡散するにはとても影響力があります “。

そのような理由からSNSのマーケティングの重要性や方法を教えてくれるホームページ制作会社もあります。

“この為、スマホユーザが見やすいような仕上がりである必要があり このようなHPを「レスポンシブデザイン」と言います “。

肝心のホームページのワードプレス(WordPress)のホームページ制作費用の相場ですが、10ページほどのボリュームであれば15万円前後になります。

“15万円は高すぎと考える人は5万円~でも受注してくれるHP制作会社はありますので 調べてみるとよいでしょう “。

更に最近では制作会社にお願いせず、自分でHPを立ち上げる人も増えています。

“無料サービスのHPはデザイン面や機能面では有料HPにかなわない点がありますので 満足いく仕上がりにしたい場合は是非、制作会社にお願するのがよいかもしれませんね”(★>U<★)